日本サミュエル・ベケット研究会,ベケット,Beckett,サミュエル・ベケット,Samuel Beckett,ベケット研究会

最新情報研究会の情報や国内のベケット関連の話題など

「メアリー・ブライデンを偲ぶ会 in 東京」のお知らせ

2016 年 9 月 16 日 updated

2016年11月13日(日)に「メアリー・ブライデンを偲ぶ会 in 東京」が行われます。ご出席される方は以下のお知らせをご覧下さい。
「メアリー・ブライデンを偲ぶ会 in 東京」
【日時】 11月13日(日)(会場設営12:00ー ) 「偲ぶ会」13:00 –
【会場】東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム2(アクセスマップ
プログラムはこちらからダウンロードできます。ご出席される方は、こちらをご覧いただき、出欠をお知らせ下さいますようお願いします。宛先:事務局・森 naoya_01あっとmac.com(あっとを@に置き換えて下さい)。期限は9月22日(木)「秋分の日」とさせていただきます。
1)会場設営およびPart 1 「追悼の部」 出席する・欠席する
Part 2 「シンポジウムの部」 出席する・欠席する
Part 3 「晩餐会」 出席する・欠席する
2)デジタル版冊子の「哀悼の辞」原稿 書く・書かない
3)「シンポジウムの部」につきましては、これまでメアリー・ブライデンの研究に影響を受けた方はもちろん、これを期にその研究を読んで語りたいという方による報告も歓迎いたします。ふるってご応募下さい。(10月1日土曜日がレジュメ提出締め切りですが、とりあえず現時点でのお気持ちをお聞かせ下さい。) 報告する・報告しない 
ーーーーーーーーーーーーお願いーーーーーーーーーーーーー
1.【注意】18号館の入口は外から開けられないので、各部会開始時間の10分ほど前に集合してください。遅刻された場合は、入口右横の電話機からご連絡願います。電話番号は電話の下に記されています。
2. メアリー・ブライデンさんの写真や情報をお持ちの方は、お寄せ下さい。宛先:事務局・森 naoya_01あっとmac.com(あっとを@に置き換えて下さい。とくに早稲田シンポジウム以外の来日時の、公演について、日にち、場所、講演タイトル、エピソード等をご存じの方は教えて下さい。)
3. 発起人として「偲ぶ会」にご賛同くださった方々に、当日の会場設営や準備について、個別にお願いしたいと思います。その際は、よろしくお願いします。
4. デジタル版冊子を作成予定です。メアリーさんの思い出など哀悼の辞を記録しておきたい方は、原稿をお寄せ下さい。(日本語200字-600字、英語or仏語100語-300語の翻訳付き、10月13日締め切り、宛先:堀 junsetsuanあっとorange.plala.or.jp、井上 inoueyo4あっとmeiji.ac.jpまで(あっとを@に置き換えて下さい)。
5. 上記のデジタル版冊子とは別に、レディングでの11月5日に開催されるメアリーさんの追悼式に、私たち「偲ぶ会」からも哀悼の辞を送らせていただくことにします。なお、これは実行委員4名で作成し、発起人の皆様のご了承をいただいた上で、発起人全員の名前をそえて送る予定です。
どうかよろしくお願いします。
実行委員:井上善幸、田尻芳樹、堀真理子、森尚也(事務局)